SM動画

一般作品なのにBLっぽいアニメ10選|腐女子だから気づけた隠れ萌え要素とは?

一般作品なのにBLっぽいアニメ10選|腐女子だから気づけた隠れ萌え要素とは?

現在日本では、さまざまなジャンルのアニメが、放送されています。その中でも、一般作品なのに、BLっぽいアニメが存在します。狙っているのかいないのか、微妙なラインを攻めている作品も。そこで今回は、一般作品なのに、BLっぽいアニメ10作品をご紹介。妄想と興奮が止まらない作品を厳選しました。思わず勘ぐりたくなってしまう、BLっぽいアニメをお楽しみください。

オタク歴20年の腐女子が、BL要素が強い一般アニメを紹介

筆者はオタク歴20年。ある日読んだBL同人誌で、腐女子に目覚めてしまいました。その後、さまざまジャンルのBLアニメや漫画を読み、自分でも好きなアニメの同人誌を描くようになりました。

そして、腐女子特有のフィルターのためか、一般作品のアニメでも、BLっぽいところを探してしまうようになり、現在に至ります。そこで今回は、オタク歴20年の腐女子が、おすすめのBLっぽいアニメを厳選してご紹介します。

①「Free!」

引用元:Free! Series Portal Site

水泳部イケメン高校生男子の青春を描いた作品

「Free!」は、岩鳶市にある、高校の男子水泳部を舞台にした作品。2013年にアニメ第1期が開始され、数多くの女性ファンをとりこにしました。また、京都アニメーションが手がけた作画は、繊細でクオリティが高いです。

主人公の遙は「フリーしか泳がない」が決め台詞。いわゆる天才スイマーです。遥を支えてきた、幼馴染の真琴や、水泳が大好きなのに挫折を味わった、遥の親友・凛など、多様なキャラが魅力的。水泳を通じて深まる仲間との絆を描いた、青春水泳アニメです。

多様な男性キャラが水着姿で青春する!

個性豊かで、多様なイケメン男子が、たくさん出てくるのがこのアニメの特徴です。とくに主人公・遥と、その幼馴染である真琴の、真琴×遙のカップリングが人気。しかも、そのイケンたちが水着姿で青春を謳歌する姿は、とても尊いです。しかも、筋肉の描き方が繊細で、より色気が増して見えます。

クールで不思議系な七瀬遙、遙と幼なじみで優しいキャラの橘真琴。元気いっぱいな葉月渚、理論派でメガネをかけた竜ヶ崎怜。ツンデレの松岡凛というように、個性が強いながらも、バランスのいい、キャラクター設定が人気となっています。しかも、このキャラたちが、水着姿で青春を謳歌するわけです。腐女子は黙っていられない、BLっぽいアニメといえます。


②「おおきく振りかぶって」

引用元:おおきく振りかぶって

一年生ばかりの野球部が奇跡を起こす野球アニメ

県立西浦高校の新設野球部は、監督は女性で、選手は全員1年生。弱気な投手・三橋を中心に、甲子園優勝を目指すことになります。ときには挫折し、それでも立ち上がる部員達の姿や友情に、感動すること間違いなし。個性豊かなキャラクターや、繊細な心理描写が胸を熱くする野球アニメです。

男同士の絆や熱い友情が満載!

BLっぽい要素はたくさんありますが、とくに主人公・三橋の天然で弱気なところです。やることなすこと面白い行動が多く、ほっておけないキャラです。そして、捕手である阿部のツンデレ具合がたまりません。この二人が揃っていれば、妄想は充分できます。男同士の絆や熱い友情が多いアニメなので、BLっぽいアニメといえるでしょう。

③「黒執事」

引用元:黒執事

美少年と美しい執事が織り成すダークファンタジー

2006年から現在まで連載中の、ダークファンタジー。アニメは2008年から2014年の間に3期まで放送されています。舞台は19世紀の英国。悪魔と契約した12歳の美少年シエルは、若くして「ファントムハイヴ家」の現当主

そして「ファントムハイヴ家」は闇の仕事を請け負う、悪の貴族です。そして、いつもシエルの側には、シエルと契約している、執事のセバスチャン・ミカエリス。彼は家事や料理、あらゆる命令にも忠実に従う優秀な執事。美しいキャラクターたちの関わりが、艶かしいアニメです。

美しい男性キャラとゴシックな雰囲気がたまらない!

美しい男性や美少年が、多く登場する作品のため、妄想がはかどってしまうアニメです。とくに、シエルと執事の密接な絡みがあるので、腐女子にとってはたまらない展開となっています。陰のある美少年と、忠実に従う執事の関係性は、尊いシチュエーション。作品の雰囲気も美しく、ゴシックのようで妄想がかきたてられます。

④「ユーリ!!! on ICE」

主人公とコーチの「師弟愛」が美しいアニメ

フィギュアスケートを、題材にした初のアニメ作品です。主人公・勝生勇利はフィギュアスケーター。しかし毎回、プレッシャーに負けそうになる繊細な性格。

そんな勇利をフォローするのは、元フィギュアスケーターである、コーチのヴィクトル・ニキフォロフ。主人公・勝生勇利と、コーチのヴィクトル・ニキフォロフの「師弟愛」が描かれているアニメ作品です。

固い絆と師弟愛が濃密な関係を思わせる!

主人公・勝生勇利と、コーチのヴィクトル・ニキフォロフの「師弟愛」が描かれていますが、恋人のような素振りが含まれています。狙っているのはいないのか、ヴィクトルが勇利を突き放せば、勇利が泣くという恋人同士のケンカみたいなシーンもあります。フィギュアスケートを通じた固い絆が、より濃密な関係を妄想させてしまう、BLっぽいアニメです。

⑤「BANANA FISH」

引用元:BANANA FISH

少年たちの血なまぐさい青春を描いたアニメ

1980年代のNY・ダウンタウンが舞台。「バナナフィッシュ」という謎のキーワードを知った主人公・アッシュは、ストリートギャングとマフィアの抗争に、巻き込まれてしまいます。美貌とIQ180を超える頭脳を持つ美少年・アッシュと、ある日出会った、心優しい日本人青年・奥村英二との固い絆を描いたアニメです。

英二に心を許していくアッシュが尊い

幼い頃に受けたあることで、トラウマを持っているアッシュ。他人を信じることが出来ないでいました。しかし、英二に出会ったことで、頑なだったアッシュの心に変化が起きます。英二に心を許し、友人以上に大事に思うようになっていく過程がたまりません。

また、作中では、児童ポルノや男娼、ゲイの男性が登場するため、BL要素が散りばめられています。登場人物達の、深くて固い絆がテーマになっているので、BLっぽいアニメといえます。

⑥「新世紀エヴァンゲリオン」

少年少女たちの繊細な心理描写が秀逸

新世紀エヴァンゲリオンは、大災害である「セカンドインパクト」後の2015年が舞台。その大災害の原因「使徒」を倒すため、巨大人形兵器「エヴァンゲリオン」が活躍する世界です。そして、そのパイロットとなる、主人公・碇シンジや、綾波レイ、アスカを中心に、
14歳の少年少女たちの心理描写が秀逸なアニメです。

渚カヲルの登場がすべての始まり!

エヴァンゲリオンの物語後半に、渚カヲルが突然転校生として登場したことで、腐女子たちは一気に色めきたちました。フィフスチルドレンの渚カオルは、友達以上の感情を碇シンジに見せ、碇シンジを全肯定する存在に。とくに渚カヲルと一緒にいる、碇シンジの態度や表情が愛らしく、BLっぽい妄想がはかどるシーンも多いです。

⑦「TIGER & BUNNY」

ヒーローが存在する世界のエンターテイメント満載なアニメ

都市シュテルンビルトは、様々な民族や人種、NEXTと呼ばれる、特殊能力者が共存している街。そしてNEXT能力を使い、平和を守るスーパーヒーローが存在しています。ヒーローたちは、スポンサーのロゴを背負い、企業のイメージアップと、ヒーローポイントを獲得するため、事件解決に奔走していました。

そのヒーローの一人、ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)は、ある日突然、新人ヒーローのバーナビー・ブルックス Jr.と、コンビを組むことになります。悪に立ち向かう、迷(?)コンビが誕生したのでした。

バーナビーのツンデレさと虎徹の隙の多さがたまらない!

まずはコンビやバディものであること。バディものは昔から人気があり、もちろん腐女子にとっても大好物です。個性豊かなキャラクターや、性格などの設定がツボ。バーナビーのツンデレさや、虎徹の隙の多さが人気を集めました。

とくに虎徹を「おじさん」と呼んでいたバーナビーが、初めて「虎徹さん」と呼ぶシーンと、ある事件が解決した後の、バーナビーのデレ具合にも注目。「いったい何があったのか?」と思わず勘ぐってしまった、腐女子は多かったのではないでしょうか。

⑧「おそ松さん」

「おそ松くん」たちが大人になった世界のギャグアニメ

「おそ松さん」のベースは、漫画家・赤塚不二夫原作の漫画「おそ松くん」です。大人になった「おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松」の6つ子兄弟たちが主人公。チビ太やイヤミたちと繰り広げる、ありふれた日常を描いたギャグアニメです。

成長して大人になった6つ子たちですが、まったく働いた事がないニート。実家で暮らし、パチンコや野球の練習をしてばかりです。基本ギャグなので、笑いやパロディ、下ネタが満載!また、6つ子の声優を1人ではなく、6人の人気声優がつとめたことで、爆発的な人気につながりました。

明らかにBLを意識した話があって話題に!

同じ顔が6人の6つ子、でも性格やキャラ設定は個性的。しかも兄弟ということで、近親相姦的なイメージもあり、腐女子の妄想に拍車をかけました。また前述どおり。人気声優陣がそろっていることも、BLっぽいアニメとして有名に。

作中にもいくつかBLっぽい演出がされており、その中でもとくに、16話の「一松事変」はBLっぽい演出を感じます。この話では、一松がカラ松の私服を着たり、上半身裸の一松とカラ松が、絡んでいるシーンも披露されました。

⑨「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」

錬金術が存在する世界を描いたダークファンタジー

鋼の錬金術師のアニメは、2003年と2009年とで、2度アニメ化がされています。そして、一期と二期では結末が違います。2003年当時は、まだ原作が完結しておらず、オリジナル脚本でした。2009年には「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のタイトルになり、原作に添って作られたアニメとなっています。

兄エドと弟アルは、錬金術で母親生き返らせようとして失敗。エドは左脚を、アルは自らの身体全てを失ってしまいました。エドは自身の右腕を代価にして、アルの魂を「鎧」に定着させることに成功。その後エドワードは、機械鎧を装着。史上最年少の国家錬金術師となり、失ったすべてを取り戻すために、アルと旅に出るのでした。

エドを取り巻く人間関係がもはやBLっぽい

エドは短気で思い立ったら行動する性格。しかし実は、情に熱くてナイーブで優しい性格。そんなエドを、フォローするキャラクターが非常に多いのです。弟であるアルや、軍の関係者など、随所にBL要素が満載。とくに人気なのは大佐との関わりです。
右腕と左足を持っていかれたエドを、大佐は子供扱いせず、進むべき道を提示します。そしてずっとエドを見守っています。第一期のアニメでは、大佐に助けを求めず、逃げたエドとアルを大佐が叱りつけるシーンがあり、「愛を感じる」と腐女子の胸を熱くさせました。

⑩「バディコンプレックス」

未来に飛ばされた少年の運命が描かれたロボットアニメ

渡瀬青葉と隼鷹・ディオ・ウェインバーグの2人を中心に、描かれたロボットアニメ。主人公・渡瀬青葉は普通の高校生。そんなある日、学校へ向かった青葉は、突然現れた謎の兵器に襲われます。

逃げ惑う青葉を救ってくれたのは、クラスメートの弓原雛。「ディオが待ってる」という雛の言葉と共に、未来へと飛ばされてしまった青葉は、一人の少年と出会います。彼の名は隼鷹・ディオ・ウェインバーグ。この 二人が出会ったことで、運命が大きく変わっていくのでした。

ロボット同士の連携システムの掛け声がBLっぽい

主人公・青葉とディオが言う、ロボット同士の連携システムで「コネクティブ(結びつける)・ディオ!」「アクセプション(受け入れる)!」と、合体を思わせる掛け声があります。その掛け声がBLっぽいアニメと思わせています。「ナイスカップリング!」という場面もあり、BLっぽいと話題になりました。

もちろんヒロインもいるのですが、「合体掛け声」のインパクトが強すぎて、すべて持っていかれています。また、男性キャラクターの多さや、青葉のやんちゃぶり、ディオのツンデレさも、妄想に拍車をかけています。

一般アニメをBLっぽく描いたおすすめの同人漫画5選

一般アニメをBLっぽく描いた、おすすめの同人漫画を5選選びました。とくに、すれ違いや、じれったい関係、エロシーンの描写にこだわった同人漫画を中心に厳選。元ネタも楽しめる、同人漫画の世界をご紹介します。

①泣き虫彼氏|元ネタ:「Free!」

愛一郎のことを、名前で呼ぶようになった凛を見た遥。そんな二人を見て、遥は嫉妬してしまいます。凛も、真琴とべったりな遥に嫉妬。家に帰ってからも、会いに行こうとする遥にやきもきして、嫉妬してしまいます。お互いに嫉妬し合っていましたが、気持ちを素直に話し合って仲直り。そしてラブラブセックスで愛を深めるのでした。

遥×凛のカップリングです。好きな人が、他の人と楽しく過ごしている状況を、微笑ましく思いつつ、実は嫉妬している。そんな二人の関係性が、とても尊い作品。相手のことや自分のことを思い詰めすぎて生まれた、モヤモヤした感情を丁寧に描いています。

絵柄も原作に近く、非常に読みやすいです。多様なキャラクターを上手く使っています。エロシーンでは、お互い好きという感情をぶつけ合っていて、青春の爽やかさも感じる作品です。

②トラジック・ハピネス|元ネタ:「TIGER & BUNNY」

犯人追跡中に頭を打って、記憶退行を起こしてしまった虎徹。そして、そんな虎徹の面倒をみることになったバーナビー。精神が15歳くらいになってしまった虎徹の無邪気さに、バーナビーはつい、魔が差してしまいます。自分の気持ちを隠そうとしていたバーナビーは、虎徹を突き放してしまいますが…。

バーナビー×虎徹のカップリングです。この同人漫画では、ほぼ原作に沿ったキャラクターや、人間関係が設定されています。虎徹の過去や、仲間との関係性がリンクしているので、読みやすくて物語に入り込みやすいです。絵柄も原作に似ていて、バーナビーの切ない恋心も繊細に描写されています。お互いの気持ちが伝わったときのシーンは、思わず胸が熱くなりますよ。

③うしろの正面|元ネタ:「おそ松さん」

一松は自分に、自信が持てないことに苦しんでいました。一方カラ松は真逆で、自分大好き人間。同じ顔で生まれたのになぜ、こんなにも違うのかと苦しみます。そしてイライラが頂点に達し、ついに一線を越えてしまいます。執拗にカラ松を犯す一松、そんな一松を受け入れてしまうカラ松。その関係は毎日続くのでした。

一松×カラ松のカップリングです。病んだ一松と、病んでいても受け入れるカラ松の物語。絵柄も原作に似ています。しかし、一松がかなり病んでいて重い設定。アニメのような明るさは皆無です。一松を助けたいのに助けられない、カラ松の切なさがたまりません。

④2番目の夜の明かり|元ネタ:「鋼の錬金術師」

東方司令部に戻ってきたエドとアル。しかし、お祭りがあるため、どこの宿もいっぱいで泊まれません。そしてエドは、大佐の家に泊まる事になってしまいます。一度関係を持ったものの、二人きりで過ごすことに、慣れていない二人はぎこちありません。気まずい雰囲気に、耐え切れなくなったエドは、思わず「もう帰る」と言ってしまうのでした。

ロイ×エドのカップリングです。鋼の錬金術師で最も人気のあるカップリングで、クールで大人なロイと、やんちゃなエドの組み合わせ。素直になれないエドの性格など、原作アニメに沿って描かれています。お互いの気持ちがすれ違いつつも、最終的に大人なロイが、エドの気持ちを汲んで、仲直りセックスになだれ込むところは非常に尊いです。

⑤ナイスばカップリング!|元ネタ:「バディコンプレックス」

戦いの日々を送る青葉とディオ。ある日、共に戻ってきたディオに、普通にキスをしてしまう青葉。案の定ディオに怒られ、殴られてしまいます。納得できない青葉は、ディオの部屋に向かい、ディオの気持ちを知りたいと迫るのですが…。

青葉×ディオのカップリングです。あっけらかんとした性格の青葉と、クールでツンデレななディオのやりとりは、原作アニメ同じく軽快。金髪美少年のディオの美しさも、繊細に表現しています。エロシーンでのスイッチが入った、ディオのエロさは見どころです。戦いの日々の中で、いつ死ぬかわからない、二人の愛し合う姿は切なくて最高です。

まとめ:BLっぽいアニメは自分だけの妄想がはかどって楽しい!

今回は、一般作品なのにBLっぽいアニメ10選をご紹介しました。とくに男性の登場人物が多いアニメは、腐女子にとってたまらない作品です。また、設定や人間関係が繊細で、見応えもあります。意外なシチュエーションで、ドキドキしてしまうBLっぽいアニメ作品で、自分だけの妄想を楽しんでみましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
BLのエロ漫画・小説・アニメ・動画の各おすすめ作品をオタク歴15年の女性ライターが厳選
BLアニメおすすめランキングTOP10|何度もキュン死する名作を厳選


続きを読む

SM動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする